GPSデータを用いた地殻変動の観測と地震予測を行える研究サイトです。

はじめに

初心者でも地殻変動を監視するGNSS連続観測システム(電子基準点)のデータを利用して地震予測を研究できるサイトです。楕円体高(標高)のデータをグラフィカルなグラフを使って分析・解析する事ができます。

わかりやすいグラフやデータを使用していますので一般の方でも地震予測の研究が出来ます。

GNSS連続観測システムについて

GNSS連続観測システム(GEONET:GNSS Earth Observation Network System)は地殻変動を監視するシステムとして国土地理院が構築したものです。その観測点としてGPS衛星からの電波を受信する電子基準点が全国に約1300地点設置されています。

このサイトの使い方

電子基準点を探す
都道府県の一覧から探す
電子基準点の一覧表から探す(重い)

1. 観測したい地域の電子基準点をサイト内で検索します。
2. 電子基準点のページを開けば自動的に約1ヶ月前からのデータが表示されます。
3. 後はグラフとデータを見て調査・研究をするだけです。
※グラフとデータの期間などは自由に変更できます

直ぐにグラフとデータを見てみたい方は下記をご覧下さい。
東日本大震災前後の山梨県富士吉田の観測データ(2011年2月14日 ~ 2011年3月14日) - 1ヶ月間
東日本大震災前後の沖縄県那覇の観測データ(2011年1月14日 ~ 2012年7月14日) - 6ヶ月間
東日本大震災前後の北海道札幌の観測データ(2011年01月14日 ~ 2012年01月14日) - 12ヶ月間

※研究の前後に国土地理院の有益な情報も参照すると良いです。

地震の前兆

大地震の前震や前兆などを発見したりするのが地震研究です。前兆から地震予測に繋がります。

火山の噴火予測

地震だけではなく火山活動の調査研究も行う事が可能です。

過去の大地震の一覧(一部)

地震・震災名発生日最大震度Mj震源地
東日本大震災2011年03月11日78.4東北地方太平洋沖
(前震)2011年03月09日5弱7.3三陸沖
岩手・宮城内陸地震2008年06月14日67.2岩手県内陸南部
新潟県中越沖地震 2007年07月16日6強6.8潟県中越地方沖
能登半島地震2007年03月25日6強6.9石川県輪島市西南西沖
新潟県中越地震2004年10月23日7 6.8新潟県中越地方
十勝沖地震2003年09月26日6弱8.0北海道襟裳岬東南東沖
芸予地震 2001年03月24日6弱6.7上蒲刈島南
鳥取県西部地震 2000年10月06日6強7.3鳥取県西部
阪神・淡路大震災1995年01月17日77.3明石海峡

※国土地理院が公表しているデータは1996年以降ですので「阪神・淡路大震災」は研究できません。
※その他の地震は地震の年表(wikipedia)をご覧下さい。

地震、気象などの各種データ

地震や気象データ、台風などの正確な情報は気象庁の数値データページリンク集を参照してください。

地震研究

大規模地震の被害を未然に防ぐ地震研究の更なる発展を願っています。

更新履歴

当サイトのシステムの更新履歴はこちらをご覧ください。

スポンサーリンク



ページのトップへ戻る